古紙回収を無料で提供する業者は個人でも企業でも依頼可能

古紙回収を無料で提供する業者は個人でも企業でも依頼可能

生活をしていくうえでは紙類は欠かすことができません。しかし、その紙類もたまってしまって使わなくなれば、ゴミになります。そのまま燃えるゴミとして処分するのはもったいないと感じている人もいるでしょう。古紙はリサイクルできることから、トイレットペーパーなどに作り変えることも可能な貴重な資源ですから、可燃ゴミに出すのではなく、きちんと回収してもらわなければいけません。紙類を処分したい場合は、自治体で指定された回収日などにも無料で出せますが、決まった場所まで運ぶのは大変な作業です。また、指定日に雨が降っていれば回収不可となっている自治体もあります。種類も多く、大量の古紙類がある場合は、古紙回収の専門業者に依頼すると素早く処分できます。

個人が業者に収集や処分を依頼するとなると、費用が気になるところです。どの程度の費用が必要になるのか想像できなくて依頼を躊躇する方も少なくありません。しかし現在では、古紙回収を無料で対応してくれる専門業者が数多く存在しますから、安心して利用してみましょう。対応エリアを限定していることもありますが、主に首都圏では幅広く対応している業者もあります。

無料で古紙回収できるものの対象には、ダンボールや雑誌、オフィス古紙など紙類全般の色々なものが挙げられます。回収の方法は、日程を決めて定期的に回収してもらうという方法もありますし、近くに回収の拠点となる工場や倉庫があれば、直接持ち込むことも可能です。大型の商業施設や企業でも、大量のチラシやパンフレット、包装紙などの処分に困る事態も考えられますが、そういった時にも処分の手段としておすすめです。無料の古紙回収の専門業者なら、回収専用のトラックを複数台所有して活動しているので、毎日の回収でも対応してくれます。

しかし、企業などで心配されるのが情報漏えいです。個人情報の入ったものはシュレッダーにかけたりと、企業側でも処分の際に工夫はされていますが、やはり機密情報が記載された書類はきちんと処分したいものです。そういう時には、しっかりと溶解処理をして記載されている情報を溶かしてくれる業者を選ぶのがポイントです。溶解処理の手順は、企業の書類をまとめて、封を閉じた状態で回収し、そのまま製紙メーカーへ運び込みます。それを未開封のまま専用の装置に投入し、外部に大切な情報を漏らすことなく処理が可能となっています。処理後には証明書が発行され、きちんと処理されたことを企業側が確認できるため、安心して依頼できます。

INFORMATION

【2020年09月25日】 
ホームページを更新しました。